\年末年始のアルバイトならタウンワーク/

札幌東区アモングーでタピオカを堪能!テイクアウトメインで併設モグモグカフェでのイートインも

アモングー札幌タピオカミルクティータピオカ
札幌東区のアモングーでタピオカメニューが!

併設モグモグカフェでのお食事もおすすめですが、テイクアウトもできるということで、気軽に立ち寄ってのタピオカもおすすめです。

というわけで、アモングーの場所やメニュー等のポイントについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

札幌アモングーの場所や営業時間

パティスリーAmon gout(ア・モン・グー)は、札幌東区北12東13にあります。

アモングー札幌

北13条通り沿いの路面店で、茶色基調のお店がすぐに見つかることでしょう。

パティスリーAmon gout(ア・モン・グー)
住所札幌市東区北12条東13丁目2-18
電話番号011-731-2017
営業時間10:00~19:00
定休日火曜定休・水曜不定休
アクセス地下鉄東豊線・環状通東駅3番出口から徒歩3分
駐車場
公式サイトア・モン・グー
スポンサーリンク

アモングーのタピオカメニュー

まずは、アモングーのタピオカメニューをチェックしてみましょう。

アモングータピオカメニュー
(2019年5月時点のメニューです)

  • 自家製カフェオレ
  • 自家製ミルクティー
  • ほうじ茶ラテ
  • 抹茶ラテ
  • ソイチャイ
  • ゆず茶
    各460円
  • 自家製フルーツビネガー:380円
定番系タピオカラテに合わせてフルーツビネガーも!

お値段はワンコイン以下で気軽に楽しみやすい価格帯です。

テイクアウトもできますし、席状況によっては店内イートインもできるので、お好みでタピオカをお楽しみになってください。

アモングーのタピオカ

というわけで、さっそくアモングーのタピオカミルクティーをいただいてきました。

アモングー札幌タピオカミルクティー

  • 甘めだけど風味も効いたミルクティー
  • タピオカは中~大粒サイズで弾力は普通
  • ドリンク・タピオカ量共にそこそこ
飛びぬけた点はないけど、美味しくて飲みやすいタピオカミルクティー!

ただ、ノーマルなクリアカップがちょっと残念な点でした。

味には関係ないかもしれませんが、デザイン的に一盛り欲しいところかもしれません。

アモングーのテイクアウトドリンク

アモングーでは、タピオカ以外にたくさんのテイクアウトドリンクも用意されています。

アモングーテイクアウトドリンク

コーヒーやフルーツ系をメインに、スムージー系も。

アモングーのケーキ

アモングーと言えば、ケーキも見逃せません。

アモングー札幌ケーキ

ショーケースにズラリとケーキに、バースデーケーキの予約注文も可能です。

さらに、クッキーやパウンドケーキといった焼き菓子も。

アモングー札幌焼き菓子

タピオカ一緒に楽しむのもおすすめですよ。

アモングー2階はモグモグカフェ

アモングー2階には、併設のモグモグカフェも。

  • 11:00~18:30(ラストオーダー 18:00)
    [ランチ]12:00~15:00
    [スイーツタイム]14:00~18:00

各時間帯で魅力的なカフェメニューが楽しめちゃいますし、キッズメニューも用意されているのも嬉しいポイントです。

セットメニューもあるので、アモングーと合わせてモグモグカフェもぜひチェックしてみてくださいね。

モグモグカフェ

スポンサーリンク

札幌東区アモングーまとめ

  • 札幌市東区北12条東13丁目2-18
  • 2階に併設モグモグカフェも
  • ケーキからドリンクまでのスイーツショップ
定番&オリジナルなタピオカメニューも楽しめる!

札幌東区では数少ないタピオカ提供店でもあり、環状通東駅から近い利便性も魅力です。

甘党な方や東区でタピオカを楽しみたい方は、ぜひアモングーに足を運んでみてください。

また、札幌東区のタピオカとしては、マイタピオカコウタべびーでこれーしょんもおすすめです。

タピオカ好きな方はこちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

タピオカ店でアルバイトしながらスイーツスキルもアップ!気になるお店の裏側も楽しもう!
札幌タピオカショップのアルバイト特集

また、札幌の開店閉店情報もまとめているので、新店チェック等にこちらもぜひご参考ください。

タイトルとURLをコピーしました