\ランチから名物まで北海道人気グルメ特集/

【カフェブルーパン】札幌菊水の緑のカフェでタピオカからポップオーバーを堪能

ブルーパンベイクショップ菊水グルメ

札幌の菊水にある緑色のお店「カフェブルーパン&ベイクショップ」

「オシャレだけど何のお店なんだろう?」

と思ったことはありませんか?

  • ポップオーバーを楽しめるカフェ
  • 米粉ベイクも販売
  • タピオカドリンクも復活

一時休業されていたタピオカもイートイン&テイクアウトでの復活ということで、白石エリアでタピオカを楽しみたい方におすすめのカフェです。

というわけで、カフェブルーパンの場所やメニュー等のポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

札幌菊水カフェブルーパンの場所や営業時間

カフェブルーパンは、札幌白石区菊水2条3丁目で、地下鉄菊水駅6番出口からすぐです。

カフェブルーパン

緑の外観が印象的な路面店ですよね。

店内にはケーキ屋焼き菓子も売っていて、テイクアウトで楽しむのもおなじみです。

カフェブルーパンベイクバニーニ

後述しますが、楽天市場1位獲得の米粉ベイクもブルーパンベイクショップの名物です。

カフェブルーパン米粉ベイク

奥にはカフェスペースもあり、ゆったりと過ごすことができます。

カフェブルーパン座席

これがまた穴場で、空いていることも多く、ガヤガヤしたカフェが嫌いな方にもおすすめできるお店です。

カフェブルーパン
住所札幌市白石区菊水2条3丁目1-25
電話番号011-817-0300
営業時間11:00~20:00
定休日水曜日
座席約10席
(タピオカはテイクアウトOK)
アクセス地下鉄東西線・菊水駅6番出口から徒歩1分
駐車場店裏に2台
スポンサーリンク

カフェブルーパンのタピオカメニュー

カフェブルーパンのタピオカメニューもチェックしてみましょう。

ブルーパンベイクタピオカ

  • いちご
  • キャラメル
  • チョコレート
  • ソーダベース
  • レモン
    各350円
350円のコスパなタピオカメニュー!

カフェブルーパンのタピオカ感想

カフェブルーパンのタピオカをテイクアウトしてみた!

ブルーパンベイクショップタピオカミルクティー

つるつるもちもち大粒黒糖タピオカ!

もちもち度も強めで、満足度も高いです。

甘さ控えめのミルクティーの美味しさもカフェクオリティで、350円としてのコスパはかなりのものに感じました。

テイクアウトはもちろん、イートインもOKなので、カフェメニューと一緒にゆったり楽しむのもおすすめですよ。

スポンサーリンク

カフェブルーパンのカフェメニュー

タピオカと合わせて楽しめるカフェメニューもチェックしてみましょう。(メニューは2019年4月時点のものです)

カフェブルーパンランチメニュー

14時までのお得なランチセットは、フードにサラダやセットドリンクを付けることができます。

カフェブルーパンポップオーバープレート

  • ポップオーバープレート:760円
  • お子様ランチプレート:637円

カフェブルーパンシチューメニュー

  • シチューセット:1080円

セットに付けるドリンクは、コーヒーから紅茶、ソフトドリンクまでお好みで選んでください。

カフェブルーパン紅茶

セット以外に単品系も。

カフェブルーパンメニュー

  • トマトクリームパスタ:980円
  • エビとズッキーニのニョッキグラタン:1296円

カフェブルーパンケーキメニュー

  • ニューヨークチーズケーキ:421円
  • アップルパイ:432円
  • バナナケーキ:410円
  • ガトーショコラ:432円

カフェブルーパンセットメニュー

  • スコーンセット:500円
  • マフィンセット:580円
  • ケーキセット:790円

メニュー数は豊富ではありませんが、ショーケースのケーキも楽しめるので、お食事からデザートまでのしっかり満足度です。

スポンサーリンク

カフェブルーパンのポップオーバーを食べてみた感想

そして、カフェブルーパンのお楽しみポップオーバープレートです。

カフェブルーパンポップオーバープレート3

テーブルのかわいさもあって、オシャレ感が引き立ちますよね。

カフェブルーパンポップオーバープレート2

これが噂のポップオーバー。

カフェブルーパンポップオーバー2

エッグバターで作られたポップオーバーは、香ばしくて、もちしゅわ食感。

もっちり感のあるシュークリーム皮のような妙に癖になる食感で、ほんのりとした上品な甘さです。

カフェブルーパンポップオーバープレートディップ

付け合わせディップのバジルマヨネーズとツナポテト。

カフェブルーパンポップオーバーポテト

ポップオーバーと合わせてのお楽しみで、丁寧にマッシュされたツナポテトは優しい風味。

味の濃さ的にバジルの前に食べるのがおすすめ。(バジルを食べた後だと味がぼやけます)

カフェブルーパンポップオーバーバジル

バジルマヨネーズは、濃厚にバジルが香り、マヨネーズの酸味とねっとり感が◎

軽めの食感ではありますが、サラダと合わせて意外にボリュームたっぷりのポップオーバープレートでした。

普通に販売してほしいほどのポップオーバーですが、パンというよりも生菓子的扱いなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ブルーパンベイクの米粉ベイクはグルテンフリー

そして、カフェブルーパン併設のブルーパンベイクといえば「米粉ベイク」

カフェブルーパン米粉ベイク

楽天市場でも1位を獲得した名物で、米粉100%のグルテンフリーケーキです。

米粉ベイク

フィナンシェ的なベイクに様々なトッピングが。

米粉ベイクプレーン

まずは、プレーン(200円)で、小麦粉不使用&オーツ麦たっぷりの不思議食感。

さくさくぎゅっぎゅっといった食感で、噛むたびに妙な癖となってしまいます。

そして、ミルクの優しい上品な甘さで、これでグルテンフリーならそれは人気も出るはずです。

米粉ベイクパンプキンシード

続いては、たっぷりのかぼちゃの種が美しい米粉ベイクパンプキンシード(200円)。

米粉ベイクパンプキンシード

かぼちゃの種をそこまで食べたことが無かったのですが、なかなか楽しいカリカリ食感で、自然な香ばしさが◎

グルテンフリー+かぼちゃの種というヘルシー感も嬉しいところ。

米粉ベイクココア

米粉ベイクココア

こちらもまたインパクトな見た目の米粉ベイクココア(200円)。

ごろごろオーツ麦が固められ、ココアでチョコ味に仕上げられています。

美味しさとしては一番はっきりしていて、甘い米粉ベイクを食べたいならココアがおすすめです。

他にも、バナナチップ(200円)、ハスカップ(250円)といったフレーバーもあるので、グルテンフリーな米粉ベイクをぜひお楽しみになってください。

スポンサーリンク

札幌菊水のカフェブルーパンまとめ

  • 札幌菊水駅すぐの緑色のカフェ
  • タピオカメニューのテイクアウトOK
  • ポップオーバーや米粉ベイクも楽しめるケーキショップ

菊水駅すぐのお店カフェブルーパン&ベイクドショップでした。

タピオカメニューも復活で、イートイン&テイクアウトで楽しめます。

ゆったりと過ごせる穴場店でもあるので、ぜひカフェブルーパンに足を運んでみてください。

ちなみに、ブルーパン近くのタピオカ店としては、菊水のめりめろ東札幌のtapiもおすすめです。タピオカ好きな方は、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

タピオカ店でアルバイトしながらスイーツスキルもアップ!気になるお店の裏側も楽しもう!
札幌タピオカショップのアルバイト特集
タイトルとURLをコピーしました