\近所のアルバイト探しはタウンワーク/

【北海道札幌12月の服装】ダウンやマフラーで防寒対策を

北海道12月の服装

北海道12月の服装は、ダウンジャケットやコートが必要となってきます。

暖かいインナーもおすすめですし、北海道旅行ならカイロも活躍してくれることでしょう。

札幌12月気温を東京とグラフ比較してみました。

札幌・東京・大阪の年間平均気温

札幌の12月は、東京の真冬よりもかなり寒いと考えた服装を用意してください。

オシャレよりも防寒対策メインに考えるのがおすすめです。

スポンサーリンク

北海道12月の服装

北海道12月の服装は、

  • 厚手のアウター
  • 暖かいインナー
  • マフラーや手袋も

このように考えて、完全な防寒対策でいいくらいです。

ダウンジャケットやコートが欲しいところで、フード付きの方が雪も防げておすすめです。

ニット帽やイヤーマフを着用していても恥ずかしくありません。

北海道民でも12月から防寒メインですから、旅行だとどれだけ着込んでもいいくらいです。

オシャレメインでの薄手のコートやカーディガンだと寒さに太刀打ちできませんからね。

インナーもヒートテックにしてみたり、タイツも履いて防寒をしちゃってください。

札幌12月の気温

札幌12月の最高気温と最低気温としては、

  • 上旬:3.2/-2.3度
  • 下旬:1.1/-4度

このような目安ですから、上旬の昼でも寒いです。

旭川だとさらに寒くなるので、インナーを増やすくらいでもいいでしょう。

寒暖差のある11月だと使いやすい薄手のコートでもおすすめですが、12月になると安定して冷え込むので、防寒をメインに考えてください。

融けた雪が入り混じるので靴には撥水を

雪道を歩く

気温的に、道路は積もった雪と融けた雪でぐちゃぐちゃと考えてください。

靴に撥水スプレーをするのもおすすめです。

また、日陰では積雪もそれなりにあるので、ハイヒールはおすすめできません。

足元から気を付けて雪対策をしてくださいね。

北海道12月の服装まとめ

北海道12月は安定した寒さとなります。

寒暖差はそこまでないので、しっかりとした防寒対策がおすすめです。

  • ダウンジャケット
  • ニット帽
  • 手袋
  • マフラー
  • ヒートテックインナー
  • 長めのボトム
  • 厚手のスカート
  • タイツ

防寒対策はたくさんあります。

室内が暑ければ脱げばいいだけですから、しっかりと防寒対策をして12月を凌いでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました