【北海道札幌2月の服装】雪まつりでは最大限の防寒を

北海道2月の服装

北海道2月の服装は、防寒メインで考えてください。

2月は1月下旬から続く寒さのピークですから、着込んででも暖かい服装がおすすめです。

マフラーやネックウォーマーで首元から温めるのもいいでしょう。

本州との比較として、札幌2月の気温をグラフとしてみました。

札幌・東京・大阪の年間平均気温

札幌の2月は、東京の真冬1~2月よりも10度近く寒いと考えてください。

北海道の冬の服装は、オシャレもよりも防寒対策をメインに考えるのがおすすめです。

北海道2月の服装

北海道2月の服装は、

  • ダウンコート
  • 暖かいインナー
  • タイツ
  • マフラー
  • ネックウォーマー
  • 手袋
  • イヤーマフ
  • ニット帽
  • スノーブーツ

このように、頭から足先までの防寒対策がおすすめです。

2月は暖かい日でもプラスになることも少ないので、着込んで失敗したということはほとんどないでしょう。

上着はダウンやコートがおすすめで、雪対策にフード付きだと便利です。

マフラーやネックウォーマーもいいですね。

首元から暖かくしておくと、暖かさがかなり違います。

インナーもセーターやシャツの重ね着がおすすめですし、女性ならタイツは必須です。

手袋や冬靴で末端からの防寒もおすすめで、積雪で道路状況も悪いですし、スノーブーツや滑り止めの購入も検討してみてください。

札幌2月の気温

札幌2月の気温

札幌2月の最高気温と最低気温としては、

  • 上旬:-0.1/-6度
  • 下旬:-0.2/-6.9度

このように、基本マイナス気温の傾向となっています。

2月は札幌雪まつりがありますが、1月下旬から続く寒さのピークなので、最大限の防寒対策をしてください。

北海道2月の服装まとめ

北海道の2月は寒さのピークとなります。

暖かい日でもマイナス気温となることも多いので、厚手のインナーやダウンコート等での防寒が必要です。

ニット帽やスノーブーツで、頭から足先までの完全防備をするくらいでいいでしょう。

北海道旅行の場合は、屋外でのイベントメインとなりがちな2月ですから、特に暖かい服装を意識してくださいね。