【北海道札幌3月の服装】薄手のコートで冬の終わりの防寒対策を

北海道3月の服装

北海道3月の服装は、まだ防寒を意識した方がいいです。

ダウンジャケットでもいいですし、薄手のコートやカーディガン等も組み合わせて寒暖差に対応してください。

気温としては上昇傾向ですが、数字は12月と同等でもあるので、まだ冬を抜けていないと考えるくらいでもいいでしょう。

札幌と本州の気温も比較してみます。

札幌・東京・大阪の年間平均気温

札幌の3月は、東京大阪の真冬1~2月よりも寒いと考えてください。

ただ、日によっては春の暖かさも見えてくるので、着込まない程度の服装がおすすめです。

スポンサーリンク

北海道3月の服装

北海道3月の服装は、軽めの防寒がおすすめです。

  • 薄手のコート
  • ダウンベスト
  • カーディガン
  • 暖かいインナー
  • タイツ
  • 手袋
  • ニット帽
  • スノーブーツ

寒暖差に対応しやすい上着と暖かめのインナーの組み合わせがいいでしょう。

まだまだ寒さは残るので、ニット帽や手袋を使用するのもおすすめです。

道路状況は、雪解けでシャーベット状の悪さとなります。冬靴や防水で足元にも気を付けてください。

札幌3月の気温

札幌3月の最高気温と最低気温としては、

  • 上旬:3/-2.7度
  • 下旬:7.8/0.2度

このように、プラス気温がグッと増えます。

寒さのピークだった2月と比べて、暖かさを感じる日々となりますが、11~12月の気温と同等でもあるので油断は禁物です。

道外からの北海道旅行の場合は、真冬の寒さと考えるくらいでもちょうどいいでしょう。

札幌3月気温の過去3年分まとめ!雪は降るけど雪解けも進む
...

北海道3月の服装まとめ

北海道の3月は、雪解けの始まる季節の変わり目です。

冬の終わりと春の始まりで、プラス10度からマイナス10度という寒暖差もあるので体調管理にも気を付けてください。

薄手のコートやセーター等で、まだまだ暖かめの服装を意識するくらいがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました