【北海道札幌5月の服装】昼は上着無しでOK!夜は軽く羽織るものを

北海道5月の服装

北海道5月の服装は、昼夜で異なります。

昼は暖かいのでアウターなしで問題ありませんが、夜は何か羽織るものが無いと冷えを感じます。

北海道旅行の際は、薄手のコートを用意しておくといいでしょう。

わかりやすく、札幌と本州の気温も比較してみます。

札幌・東京・大阪の年間平均気温

札幌の5月は、東京大阪の11月程度と考えてください。

本州で考えると、秋の服装をイメージするといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

北海道5月の服装

北海道5月の服装は、防寒はそこまで考えなくて問題ありません。

  • 昼:パーカーやセーターでOK。シャツだけだと寒い
  • 夜:薄手のコートやカーディガンがおすすめ

夜は10度以下にもなるので、アウターも必要と考えてください。

北海道旅行の際には、気温変化に対応しやすい軽めの上着と、暖かめのインナーの組み合わせがいいでしょう。

札幌5月の気温

札幌5月の最高気温と最低気温としては、

  • 上旬:17.0/7.9度
  • 下旬:21.7/12.1度

このように、下旬にかけて20度を超える日も増えてきます。

非常に過ごしやすい日々となりますが、夜の冷えも頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

北海道5月の服装まとめ

北海道の5月は、春の陽気でアウターも必要なくなる時期です。

ゴールデンウイークには、桜も満開で花見ピークとなる最高の季節です。

【北海道の花見時期】札幌の桜見頃ピークは5月上旬ゴールデンウイーク

夜の防寒も意識しつつ、春の行楽とファッションを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました