\近所のアルバイト探しはタウンワーク/

朝ドラなつぞら安田顕「雪月」のモデル菓子店は六花亭?柳月?

なつぞら雪月のモデルは?その他

NHK朝ドラ100作目の「なつぞら」

基本的にはフィクションの物語ですが、時代背景は当時の北海道を忠実に再現していることも魅力です。

そして、人物モデルも気になるところで、安田顕さん演じる小畑雪之助が店主を務める「雪月」のモデルも注目です。

北海道有数の製菓メーカーとなった十勝のお菓子店…と言えば、「六花亭」や「柳月」が頭をよぎるのも北海道民ですよね。

名前的には柳月に近いですが、それぞれのお店を掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

なつぞら「雪月」のモデル菓子店は六花亭?柳月?

まずは、なつぞらの菓子店「雪月」と、六花亭、柳月をざっくり比べてみました。

雪月六花亭柳月
店主創業:小畑雪之助の父
2代目:小畑雪之助(安田顕)
創業:岡部勇吉
2代目:甥の小田豊四郎
創業:田村英也
現代表:田村昇
創業戦前1860年創業
1943年休業
1946年再開
1947年
本社十勝帯広市音更町
当時の
主力商品
バターや牛乳を生かしたお菓子ひとつ鍋
大平原等
アイスキャンディ
三方六等

ふむふむ。

それぞれにふんわりと共通点がありますよね。

  • 人物名は六花亭寄り
  • 店名は柳月寄り
  • お菓子は六花亭寄り

このようなイメージでしょうか。

安田顕さん演じる小畑雪之助は、「お菓子の発明王」ということで、名前的にも少し六花亭寄りにも感じます。

アイスクリーム…ということは柳月?

ただ、第4話で雪月はアイスクリームを作ってるんですよね。

柳月もアイスクリーム屋スタートということで、雪月は柳月イメージに近いかも?

ただ、そこはあくまでもイメージですよね。

個人的には、「お菓子の発明王」ということで、六花亭イメージも強く感じてしまいます。

なつぞら雪月は六花亭+柳月

基本的にモデルは無いとされている「なつぞら」で、「雪月」も特定のメーカーではなく、北海道イメージからのお菓子店なのでしょう。

全国的な知名度は、六花亭の方が上のように感じますが、そこに柳月を乗せて「雪月」としたのかもしれませんね。

脚本の大森寿美男さん的にも、おそらく六花亭と柳月の両店を意識されたのではないでしょうか。

なつぞらの影響もあって、この2店の注目度もさらに上がっていくことでしょう。

雪月のお菓子は六花亭の大平原?

雪月では、牛乳とバターを使ったお菓子ということで、六花亭の大平原がイメージに近く感じます。

ふわふわしっとりで、ホント美味しいんですよね。

小さい一口タイプのめんこい大平原も個人的に大好き。

六花亭めんこい大平原

なつぞらの影響で、売り上げが伸びることも間違いなし?

そして、六花亭と言えばマルセイバターサンドでしょう。

六花亭マルセイバターサンド2

しっとりビスケットに、たっぷりのバターとレーズンは悪魔的な美味しさ。

お土産にはもちろん、ちょっと贅沢なおやつとしてもおすすめすぎる一品です。

 

雪月のお菓子は柳月の三方六?

雪月のお菓子として、柳月のバウムクーヘン三方六も近いかもしれません。

各味が出ているのも三方六の魅力で、ぜひ各味をお楽しみになってください。

スポンサーリンク

なつぞら「雪月」のモデルまとめ

  • 特定のモデルはなし
  • 六花亭+柳月のイメージ
  • 小畑雪之助のモデルは小田豊四郎?

雪月に特定のモデルは無いようでしたが、おそらくは六花亭と柳月の合わせ技でしょう。

こういった細かい部分も楽しませてくれるのも「なつぞら」の魅力ですよね。

放送日や動画配信もチェックして、本編もどっぷりとお楽しみになってください。

タイトルとURLをコピーしました