\ランチから名物まで北海道人気グルメ特集/

【北海道札幌10月の服装】軽い上着と暖かめのインナーがおすすめ

北海道10月服装服装

北海道10月の服装は、軽めの上着を用意してください。

カーディガンや薄手のコートがおすすめです。

本州の気温と比較するなら、東京11月の服装を基準にするといいでしょう。

札幌・東京・大阪の年間平均気温

ただ、上旬と下旬で気温差があるのも北海道の10月ですので、札幌気温を参考に適切な服装を見ていきましょう。

スポンサーリンク

北海道10月の服装と札幌の気温

北海道10月の服装は、

  • 上旬昼は長袖シャツでもOK
  • 上旬夜は軽い上着が必要
  • 下旬昼はニットやカーディガン
  • 下旬夜は薄手のコート

といった基準になってきます。

札幌の気温目安としては、

  • 上旬:17.6~10.7度
  • 下旬:11.9~5.2度

とかなりの寒暖差がありますし、昼夜の気温差にも注意して服装を選んでください。

上着が必要になるかどうかの微妙な所でもありますが、暖かいインナーを用意しておくのがおすすめです。

札幌だと少し暖かめですが、旭川だとグッと冷え込むので、道北は一段寒いと考えてください。

北海道10月上旬の服装

北海道10月の服装は、長袖シャツでもなんとかなりますが、夜のことも考えると長袖のインナーもあると安心です。

パーカーも使い勝手がよくていいですね。

ハーフパンツは、10月だと少し厳しくなってくるのでおすすめできません。

丈が長めのボトムスだったり、女性ならタイツ着用がおすすめです。

10月上旬は暖かさと寒さが共存するので、薄手のアウターなんかと組み合わせて服装を調整してくださいね。

北海道10月下旬の服装

10月下旬になると、札幌では初雪が観測され、夜間はグッと冷え込んできます。

昼は涼しいので、ニットやカーディガンなんかがいいでしょう。

そして夕方からは寒くなってくるので、上着が必須となってきます。

ダウンジャケットはまだ早いので、ジャケットや薄手のコートなんかがおすすめです。

マフラーや手袋はお好みですが、10月下旬でもまだ必要ないかと思います。

北海道10月の服装まとめ

北海道10月の服装は、少し暖かめを意識するのがおすすめです。

パーカーやカーディガンの使い勝手が良く、厚手のインナーや薄手のアウターを活用してください。

10月の札幌だとマイナス気温にはほぼならないので、防寒対策はそこそこで、オシャレメインで楽しんでみるのもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました