【札幌おはぎ専門店まとめ】色とりどりの絶品おはぎは手土産にもおすすめ

増田おはぎ13個セット スイーツ

まるで和菓子のような専門店のおはぎ。

札幌でも魅惑の絶品おはぎ専門店があるんです。

色とりどりの華やかなおはぎ達は、食事はもちろん、手土産にもおすすめですよ。センスの良さもアピールしちゃってくださいね。

札幌のおはぎ専門店

まず、札幌のおはぎ専門店としては「増田おはぎ」と「ももすず」があります。

住所電話番号
増田おはぎ札幌菊水店札幌市白石区菊水5条3-5-17
(地下鉄東西線 菊水駅6番出口から徒歩約3分)
011-813-7557
増田おはぎ江別蔦屋店江別市牧場町14-1 江別蔦屋書店内011-802-6565
ももすず厚別店札幌市厚別区厚別中央2条2丁目6-11
(地下鉄東西線・ひばりヶ丘駅1番出口から徒歩5分)
011-893-1173

札幌おはぎ専門店「増田おはぎ」

まずは、札幌菊水にあるおはぎ専門店「増田おはぎ」のおはぎを見てみましょう。

増田おはぎセット

おお、これはもはや和菓子ですね。

定番のあんこはもちろん、色とりどりのおはぎ達が取り揃えられています。

増田おはぎ抹茶

抹茶は本格的な渋みで大人味のおはぎです。

インパクト抜群の青のりおはぎも。

増田おはぎ青のりおはぎ

たっぷりすぎるゴマおはぎもおすすめ。

増田おはぎ黒ごまおはぎ

どのおはぎも見た目も味も絶品です。

その他、増田おはぎ全種を食べ比べしているので、こちらも合わせてご参考ください。

増田おはぎの場所

増田おはぎ菊水

おはぎ専門店「増田おはぎ」は、菊水店と江別店の2店舗展開となっています。

菊水店は、地下鉄東西線・菊水駅6番出口から左手に向かって徒歩3分ほどです。お店前に駐車場もあるので、車でのアクセスも問題ありません。

住所電話番号営業時間
増田おはぎ菊水店札幌市白石区菊水5条3-5-17
(地下鉄東西線 菊水駅から徒歩約3分)
011-813-755710:30~19:00(売切終了)
月曜・第3火曜定休
増田おはぎ江別店江別市牧場町14-1 江別蔦屋書店内011-802-656511:00~21:00(売切終了)

札幌のおはぎ専門店「ももすず」

札幌おはぎ専門店として「ももすず」も外せません。

ももすずおはぎセット

増田おはぎと比べると、ベーシックタイプに近いおはぎですね。

と言っても、しっかりと専門店クオリティのオリジナルおはぎも多数で、おすすめは「くるこ系」

ももすずおはぎあんくるこ

くるみの粉=くるこで、きな粉のようなくるみを楽しむことができます。

ももすずくるこ

あんこ無しもありますし、あんこ入りの「あんくるこ」も。

ももすずあんくるこおはぎ

もちもち+上品な甘さで間違いありません。

他にもたくさんのおはぎメニューが取り揃えられているので、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

ももすず厚別店の場所

ももすずは厚別と手稲の2店舗展開でしたが、手稲店は2019年2月6日に閉店となり、厚別店での集中営業となっています。

ももすず厚別店へのアクセスは、地下鉄東西線・ひばりが丘駅1番出口から徒歩5分ほどです。

地下鉄ひばりが丘駅

1番出口を出てローソン方向へ。

ビッグハウス裏を左折すると、ももすず厚別店があります。

おはぎ専門店ももすず

お店前には駐車場も3台分あるので、車でのアクセスも問題ありません。ぜひももすず厚別店へ足を運んでみてください。

ももすず厚別店
住所札幌市厚別区厚別中央2条2丁目6-11
最寄り地下鉄地下鉄東西線・ひばりヶ丘駅1番出口から徒歩5分
電話番号011-893-1173
営業時間10:00~18:00(売切終了)
定休日不定休(月曜日多め)

札幌のおはぎ専門店まとめ

  • 菊水と江別の「増田おはぎ」
  • 厚別の「ももすず」

まだ少なめの札幌のおはぎ専門店ですが、その分のプレミア感でもあります。

どちらのお店のおはぎも絶品なので、食事はもちろん、手みやげとしてもおすすめですよ。

ぜひ両店に足を運んでみてください。