\ランチから名物まで北海道人気グルメ特集/

札幌スキー場(国際&テイネ)はいつオープン?2018は雪不足で延期

札幌スキー場はいつオープン?札幌

11月中旬ともなると北海道スキーシーズンの到来……のはずが、

となっています。

2018年は記録的な初雪の遅さなので、雪不足が原因ですね。

北海道2018年の初雪は11/14記録的な遅さ!今年は雪が多いの?

2012年も記録的な初雪の遅さでしたが、その後の降雪で11/21にはオープンとなったので、2018もさすがに12月まではズレ込まないはずです。

【追記:札幌で11/20に初雪が降り、札幌国際スキー場のオープンは11/22となりました】

スポンサーリンク

札幌スキー場はいつオープン?

札幌のスキー場のオープンは

  • 札幌国際スキー場:11月中旬~下旬
  • サッポロテイネスキー場は:11月下旬~12月上旬

というのが例年の傾向です。

ただ、雪が無いとオープンできないのがスキー場。

そこは天候に任せるしかないのが不安定な部分でもあります。

スキー場オープンに必要な雪の量

スキー場オープンに必要な雪の量は、山頂で40~50cmほどの積雪が必要です。

しかし2018年の札幌国際スキー場は、11/16現在で20cmほどという積雪です。

まだくるぶしほどの雪しか積もっていないので、スキー場としてはなかなか厳しいところでしょう。

2018の札幌スキー場オープンはいつ?

2018年の札幌スキー場オープンはいつか?

気になるところですが、「雪の降り方次第」というのが現実です。

ただ、初雪が記録的に遅かった2012シーズンでも、11/18の初雪後の11/21にはオープンしています。

予報によると2018年も11月下旬には初雪が降る気配ということで、焦らずに初雪を待ちましょう。

札幌スキー場の最新情報はこちらをご参考ください。

タイトルとURLをコピーしました