北海道・札幌の雪どけはいつ?例年から予想して夏タイヤ交換時期も

北海道の雪どけ

「積もった雪がいつとけるのか?」

厳しい冬を乗り越える北海道民にとって、毎年気になるところでもありますよね。

札幌で見ると、3月中旬から平均気温がプラスになり、4月上旬には大半の雪がとけてなくなります。

ただ、広い北海道ということで、地域によっても雪どけ時期は異なります。

札幌を中心として、函館や旭川と合わせて北海道の雪どけ時期を見てみましょう。

ちなみに、2019年の2月下旬から3月にかけては暖冬の傾向で、例年より早い雪どけも予想されています。

スポンサーリンク

北海道(札幌・旭川・函館)の雪どけ時期

雪どけ

まずは、北海道平年の最深積雪量を主な地域でまとめてみました。

北海道の最深積雪
3/154/14/104/20
札幌59cm22cm6cm0cm
旭川67cm34cm16cm0cm
函館11cm1cm0cm0cm

最深積雪ということで、除雪の進んでいる市街地とはまた異なりますが、雪どけという面では最深積雪を参考とするのがおすすめです。

平均気温と合わせてまとめてみると、

  • 札幌:3月中旬から平均気温がプラスになり、4月中旬に雪どけ
  • 旭川:3月下旬から平均気温がプラスになり、4月下旬に雪どけ
  • 函館:3月上旬から平均気温がプラスになり、4月上旬に雪どけ

北海道で見ると、このような雪どけ時期となりますね。

平均気温がプラスになってから約1ヶ月で雪どけが終わると考えるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

札幌でも区ごとによって雪どけ時期が異なる

北海道も広いですが、札幌も広くて地域差があります。

札幌で雪の多い西区と、雪の少ない白石区の積雪深推移をグラフとしてみました。

札幌市の積雪深グラフ

このように、中央区や白石区で雪がほとんどとけても、西区(南区も)ではまだまだ雪が残っています。

特に、西区平和や南区定山渓では積雪も深いものとなるので、地域差にも注意してくださいね。

北海道で雪が降るのはいつまで?

雪がとけても安心できないのが北海道。

4月中には、寒気が入ると雪が振る可能性があります。

特に、峠や山間部だとゴールデンウイークまでは雪が積もることもザラなので、車の運転には十分に気を付けてください。

夏タイヤ交換はゴールデンウイーク前がおすすめ

タイヤ取付

北海道の気温的にも、4月=11月頃の状況と考えてください。

雪どけをしても、夜間に雪が降って積もることもあるので、車の夏タイヤ交換は慎重に考えましょう。

おすすめの夏タイヤ交換時期は、タイヤ交換を済ませている人が多くて混雑していないゴールデンウイーク前です。

多少、冬タイヤの目がもったいない面もありますが、用心する方はゴールデンウイーク前までタイヤ交換を待ってみてください。

北海道でスキーを楽しめるのはいつまで?

北海道スキーシーズン

雪がとけると悲しいのが、スキーシーズンの終わりですよね。

そこで、北海道の主なスキー場のオープン日もまとめてみました。(オープン日は目安で、年によって日付は異なります)

  • 札幌国際スキー場:11/22~5/6
  • サッポロテイネスキー場:11/22~5/6
  • ルスツリゾート:11/24~4/7
  • 富良野スキー場:11/24~5/6
  • ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ:11/24~5/6
  • ニセコアンヌプリ国際スキー場:11/25~5/6
  • キロロスノーワールド:11/25~5/6
  • スノークルーズオーンズ:11/29~3/31
  • 星野リゾートトマムスキーリゾート:12/1~4/1
  • ニセコビレッジスキーリゾート:12/1~5/6

4月でシーズンを終えてしまうスキー場もありますが、ゴールデンウイークぎりぎりまでスキー・スノーボードを楽しめる営業期間となっていますね。

さすがに、最上のパウダースノーという雪質まではいきませんが、ぜひ各スキー場でスキー・スノーボードのラストシーズンをお楽しみになってください。

スポンサーリンク

北海道の雪どけまとめ

  • 3月から平均気温がプラスになり、4月に雪どけする傾向
  • 地域差もあるのでタイヤ交換には注意
  • ゴールデンウイークまで営業するスキー場も

北海道の雪どけとしてはこのような目安となっています。

12月から続く積雪とおさらばできるのは4月で、平均気温もプラスになる春を実感できることでしょう。

また、雪どけと合わせて桜も注目してみてくださいね。北海道の花見シーズンはゴールデンウイークと重なる最高の日程ですよ。

タイトルとURLをコピーしました