\ランチから名物まで北海道人気グルメ特集/

Uber Eats(ウーバーイーツ)北海道札幌で使えるのはいつ?

Uber Eats札幌で使えるのはいつ?スマホ

タクシー乗車のUber、レストラン出前のUber Eatsと、世界を席巻し始めるUberアプリ。

しかし、北海道には未上陸のサービスなんですよね。

しかししかし、札幌でUber Eats(ウーバーイーツ)が使えるようになるのは、ズバリ2019年夏と予想します。

Uber Eatsの仕組みや使い方もまとめていくので、札幌上陸時に一早く使えるように予習もしちゃいましょう。

スポンサーリンク

Uber Eats(ウーバーイーツ)が北海道札幌で使えるのはいつ?

まず、第一の問題!

「Uber Eats(ウーバーイーツ)が北海道札幌で使えるのはいつ?」

ということで、2019年1月時点でUber Eatsを使える地域を見てみましょう。

Uber Eatsが使える地域(2019年1月時点)

  • 東京:2016年9月29日開始
  • 横浜市:2017年11月1日開始
  • 大阪:2018年4月26日開始
  • 川崎市:2018年5月24日開始
  • 神戸:2018年7月31日開始
  • さいたま市:2018年9月26日開始
  • 京都:2018年10月10日開始
  • 名古屋:2018年10月24日開始
  • 福岡:2018年11月28日開始
  • 市川市・船橋市:2018年12月4日開始

東京でのUber Eatsサービス開始から、横浜・大阪へのエリア拡大までは1年半がかかっていますが、以降はハイペースで各都市でサービスを開始しています。

2019年にサービス開始されそうなエリアとしては、

  • 広島
  • 仙台
  • 静岡

この辺りはかなり可能性が高そうです。

そして、我らが札幌ですね。

仙台でUber Eatsが始まれば札幌上陸も

仙台でサービスが始まれば、Uber Eatsの北海道上陸も秒読み段階でしょう。

ズバリ、札幌でUber Eatsが使えるのは2019年夏と予想します。

雪が積もるまでにある程度の運営体制を整えるべきなので、夏くらいには北海道でのサービス開始という見込みをしちゃいます。

北海道でのUber Eatsは雪が問題

道路の積雪

北海道でUber Eatsが普及するには、なんと言っても雪がネックとなります。

使う側は寒い中、配達をしてくれるので利便性が非常に高いんですけどね。

問題は、「配達する側が自転車やバイクを冬に運転できるのか」という点でしょう。

スリップや転倒の危険性もありますし、北海道の冬に自転車は現実的ではありません。

ということで、冬季期間は徒歩での配達がメインとなり、札幌中心部メインのUber Eatsサービスになっていくはずです。

Uber Eats札幌サービス開始時は、大通やすすきの発で円山や山鼻エリアへの配達という傾向になることも予想されます。

札幌にUber Eatsは本当に来るの?

大通公園昼

「本当に札幌でもUber Eatsが使えるようになるのか?」

「北海道はスルーされるんじゃないか?」

という疑問も出てきますが、Uber Eatsがサービス開始したのはカナダのトロントからなんです。

なので、雪の問題はそこまで心配しなくてもよく、むしろ寒い地域にこそ配達需要が大きいとも考えられるはずです。

札幌以外の北海道エリア普及は少し難しい面もあるかもしれませんが、札幌でのUber Eats開始は2019年内というのも現実的でしょう。

スポンサーリンク

Uber Eatsの仕組みは?

北海道ではまだ使えないUber Eatsということで、仕組みがイマイチわからない方のために、ざっくり先取り解説も。

  • ユーザー:Uber Eatsアプリで料理を注文(料金は料理代と配送料)
  • レストラン:受注した料理を作って配達パートナーに渡す
  • 配達パートナー:レストランの料理をユーザーに配達(配送料の一部が収入)

意外にシンプルですよね。

要するに、レストランの出前を配達パートナーが請け負うシステムです。

料理を家まで配達してもらうもよし、配達パートナーとして登録するもよしです。

Uber Eats人気の秘訣は、配達パートナーの報酬が優れているという点でもあるんです。注文の多いエリアだと時給2000円クラスになることも。札幌での配達ライバルが少ない内にチェックしてみてください。

Uber Eats開始時はエリアキャンペーンも開催

Uber Eatsサービスが新エリアで開始する際は、1ヶ月ほどの配達料無料キャンペーンも開催されます。

配達料(レストランからの距離・混雑状況で配達料110円~420円で変動)が無料とあって、ノーリスクでレストランメニューを家庭で楽しめちゃいます。

Uber Eats札幌エリア開始時は要チェックですよ。

もちろん、札幌サービス開始時にはここに追記していきます。

スポンサーリンク

Uber Eatsの使い方

札幌でのサービス開始から使い始められるように、Uber Eatsの使い方もざっくり予習しておきましょう。

Uber Eatsアカウント登録

まずは、Uber Eatsアカウント登録です。

  1. Uber Eatsアプリをダウンロードして起動
  2. 携帯電話番号入力
  3. SMSに届いた認証コード入力
  4. メールアドレス入力
  5. パスワードを入力
  6. 名前を入力
  7. 利用規約に同意
  8. 支払い方法(クレジットカード・デビットカード)追加
  9. プロフィールから配達場所を入力

入力の流れに従って順々に入力していくだけなので、特に難しいことはありません。

配達場所は「保存済みの配達場所」として登録しておけるので、注文時は簡単ラクラクなのも嬉しいところ。

配達料は、登録したエリアで自動的に算出されて、レストランごとに料金が表示されるわかりやすさです。

配達料は距離や混雑状況しだいですが、30分以上の距離だと420円となるようなので、すすきのから円山辺りで420円の目安と考えておくのもいいでしょう。

Uber Eatsで注文する

スマホで予約

Uber Eatsでの注文の流れもチェックしておきましょう。

  1. オーダータブや検索から条件やレストランを指定
  2. メニューと数量を選択して「カートに追加」
  3. 金額や支払い方法を確認して「注文する」

このような簡単な流れで注文するだけです。(キャンセルも可能)

あとは、レストラン側で調理→配達パートナーがお届けという流れですね。

配達予想時間や配達パートナーがどこにいるかのステータスも、リアルタイムで確認することもできます。アプリ内チャットを使って配達パートナーと連絡を取ることもできるので、道案内や配達先の調整もできちゃいます。スマホすごすぎ。
スポンサーリンク

札幌でのUber Eatsまとめ

  • 北海道でのUber Eatsサービス開始未定
  • 順次拡大中を考えると2019年中に開始?
  • 中心部から順にサービス開始

他都市のサービスも中心部から始まり、徐々に市区エリア拡大という傾向なので、札幌でも大通・すすきのから始まることが予想されます。

使う方も働く方もメリットのあるUber Eatsですから、冬に移動したくない札幌こそ便利に使えるはずです。

2019年内のUber Eats札幌サービス開始を期待しちゃいましょう。

タイトルとURLをコピーしました