\年末年始のアルバイトならタウンワーク/

やっぱりステーキといきなりステーキの違いは?パクリ疑惑?

やっぱりステーキといきなりステーキの違いは?パクリ?グルメ

やっぱりステーキといきなりステーキ。

もう店名だけでツッコミどころ多々ですが、

  • 系列店?
  • 違いは?
  • パクリ?

という疑問も出てきちゃいますよね。

結論としては、

  • やっぱりステーキは沖縄発ステーキ店
  • いきなりステーキは東京発ステーキ店
  • 系列店ではない

このように全く違うお店なんです。

店名としては、やっぱり側が意識した部分も多少あるのかもしれませんけどね。

というか、「いきなりステーキ」のインパクトが強すぎて、「ひらがな四文字+ステーキ」という店名なら全てパクリ疑惑も沸いてしまう気がします。

元凶は、いきなりステーキ強すぎ説?

ではでは、やっぱりステーキといきなりステーキの違いを比較していくので、どっちのお店を使ったらいいかも合わせて見てみましょう。

スポンサーリンク

やっぱりステーキといきなりステーキの違い

まずはシンプルに、やっぱりステーキといきなりステーキの違いを比較してみました。

やっぱりステーキいきなりステーキ
1号店2015年2月沖縄那覇2013年12月東京銀座
店舗数(2018年11月時点)26店舗(沖縄14店舗・北海道1店舗)300店舗超え(北海道11店舗)
フランチャイズ展開ありあり
価格帯1000~3000円(100g単位で注文可能)
スープ・サラダ・ごはん食べ放題も
1g:6.9円~28円の量売りメイン
ライス&スモールサラダセットは+350円
営業時間11:00~深夜・早朝営業も11:00~23:00メイン
店舗規模30~50席メイン(着席スタイル)20~60席メイン(立食も多い)

(表記は2018年11月時点の情報です。詳細は店舗リンクから公式サイトをご確認ください)

ふむふむ。

基本的には、いきなりステーキの方が数字が大きい印象ですね。

  • やっぱりステーキ:繁華街で朝5~6時まで営業
  • いきなりステーキ:立食スタイルをミックス

この辺りが特徴のひとつにも見えます。

いきなりステーキの方が高級路線

いきなりステーキ

これは主観でもありますが、

なんだかんだでいきなりステーキの方が美味しい

と思います。

料金も高いですしね。

グラム量売りのオーダーカット方式もどこか高級感を演出しているのでしょう。

お寿司屋で言うなら「回らない寿司」的な感覚を味わえちゃうんですね。

従来、立食スタイルは高級路線とは逆方向なのですが、「俺の○○」シリーズ出店からそのイメージは崩れたと感じます。立食スタイルだと繁華街一等地にも出店しやすいですし、逆に高級なイメージにも移行しているかもしれません。

やっぱりステーキは格安庶民路線

やっぱりステーキすすきの

やっぱりステーキも美味しいんですよ。

ただ、

  • 価格帯安め
  • スープ・サラダ・ごはん食べ放題

という点で、コスパに意識が行ってしまう気がします。

沖縄発という部分に、なんとなく地方の優しさも感じちゃいますしね。

正直、応援したくなるのはやっぱりステーキの方かもしれません。

実際にコスパがいいのはやっぱりステーキです。1000円で満腹になるならやっぱりステーキを選んで後悔なしでしょう。
スポンサーリンク

やっぱりステーキといきなりステーキの出店の違い

  • やっぱりステーキ:3年目で26店舗(沖縄14店舗)
  • いきなりステーキ:3年目で100店舗越え、5年目で300店舗越え(全国展開)

ということで、拡大路線としてはいきなりステーキの勢いがすごすぎます。

やっぱりステーキの成長もすごいんですけどね。

2018年11月には札幌すすきのに出店で、沖縄から北海道の日本縦断となりました。

というか、このチェーン展開を見ると、「ステーキ店って儲かるのか」というイメージも沸いちゃいますよね。

まあ、そこはそんなに簡単な話でもないのでしょうけども。

ステーキ店の原価率は50%超えという数字のようですが、やっぱりといきなりの両店は80%の原価率も辞さないという話です。赤字覚悟で顧客満足度を優先=行列店ともなっていくのでしょうね。
スポンサーリンク

やっぱりステーキはいきなりステーキの店名パクリ?

  • やっぱりステーキ
  • いきなりステーキ

どうしても似た店名に思えてしまうんですよね。

しかしこれは、いきなりステーキのインパクトが強すぎるせいだと思います。

例えば、

  • もりもりステーキ
  • しっかりステーキ
  • はんなりステーキ

等々、これらの店名ならなんでもパクリ疑惑ですよね。

「ステーキ」の前に四文字を付けるだけで、パクリイメージを付けるほどのいきなりステーキの罪(褒め言葉)

というか、実際にモンテローザ系で「カミナリステーキ」があり、パクリだと話題にもなりました。

モンテローザは割と流行店に乗っかる傾向もあるので、余計にパクリ疑惑が出たんですけどね。

そこもエンターテインメント性のひとつということかもしれません。

やっぱりステーキといきなりステーキまとめ

  • おいしいのはなんだかんだでいきなりステーキ
  • コスパ重視ならやっぱりステーキ
  • たぶんパクリじゃない

このような結論です。

顧客満足度を追求した結果の拡大路線という、どちらも魅力的なステーキ店に間違いありません。

これからも、より美味しいステーキの提供を期待しちゃいましょう。

タイトルとURLをコピーしました