\ランチから名物まで北海道人気グルメ特集/

【夜のしげぱん】すすきの深夜営業のユニーク&絶品パン屋

しげぱん名刺パン

すすきので深夜まで営業しているパン屋「夜のしげぱん」

覚えやすい店名や、パンのネーミングの奇抜さからも話題のパン屋です。

そして、すすきので深夜までやっているからといって侮ってはいけません。普通に名店なんです。

しかし、

  • 場所がわかりにくい
  • 昼は営業していない

というハードルもあります。

逆に、すすきので働いているならアクセスも抜群で、深夜4時の仕事帰りでもパンを楽しめちゃいます。

夜のしげぱんについてレポしていくので、すすきのの貴重なパン屋をぜひ楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

夜のしげぱんはどこにある?

まずは、場所から行きましょう。

夜のしげぱんは、南5西6の第5桂和ビルの1階にあります。

第5桂和ビル

ローソンの向かいと書くとわかりやすいかもしれませんね。

しかし、夜のしげぱんは路面店ではないので、外をいくら探しても見つかりません(見つからずにウロウロしていたのは私です)。

第5桂和ビル内に入りましょう。

夜のしげぱん

夜のしげぱんがありました。

店内は少し狭めなので、先客がいれば外で待ってみてくださいね。

ちなみに、夜ではない「しげぱん」は南4西13にあり、9時~20時の営業となっています。合わせて楽しんでみてください。
しげぱん公式サイト
スポンサーリンク

夜のしげぱんのパンメニュー

店内に入ると、夜のしげぱんのパン達がズラリと並んでいます。

夜のしげぱん名前

そうそう、たけっち、隊長、里美、しぶさん、中野、おはなちゃん……。

……パンの名前なの!?

はいこれ、しげぱんユーザーが通る道ですね。

ぜひお友達を連れていってあげてください。

夜のしげぱんパン

沙織、健、詩音、つぐみと。

夜のしげぱんサンドイッチ名前

サンドイッチやケーキメニューも、昭ちゃん、りんママ、フィリップさんと攻めの姿勢を崩しません。

というのも、実はしげぱんのメニューは、お客さんの名前&リクエストなんです。

なんだか色々なすすきのストーリーが巡りますね。

縁のあるお名前もぜひ探してみてください。

ちなみに、しげぱんではリクエストシートでパンとネーミングを募集しているので、誰にでもパンを作ってもらえるチャンスがあります。あなたもぜひ応募してみてくださいね。

夜のしげぱんを食べてみた

ユニークさは、札幌パン屋でもナンバーワンのしげぱんですが、問題は味ですよね。

しかしこれがまたいい方に裏切ってくれます。

食パンの修平

まずは、基本の修平(150円)から。あ、食パンです。

夜のしげぱん食パン中

この食パンがまた、何もつけずにぺろりと平らげられるしっとりもちもち系。

耳まで柔らかく、食パンが苦手だった方でもぜひ。

一番人気のハムチーズサンドかまやつ

しげぱん一番人気は「かまやつ」

夜のしげぱんかまやつ

ハムチーズのトーストサンドですね。

耳はカリカリの心地よい食感で、ブラックペッパーが効いていてちょっと大人の味。

170円というお値段でコスパも◎

明太チーズうらら

続いて気になったのは、うらら(170円)

夜のしげぱん明太子チーズ

明太チーズがのビジュアルだけで、やばいことは明白ですね。

フランスパン+辛めの明太子+とろける細切れチーズで間違いなし。

飲んだ後には妙にうららを欲してしまいます。

クロワッサン夜の蝶

しげぱんは、一口クロワッサンメニューも豊富なんです。

夜のしげぱんクロワッサン

名前は「夜の蝶」で、コーヒー、抹茶、ごま、シナモン、いちご等々、選ぶのに困ってしまうくらい。

1個60円なので、ちょっと足りないかなという時にはもちろん、ちょっとした手土産にもおすすめです。

スポンサーリンク

夜のしげぱんまとめ

夜のしげぱんは、すすきので深夜営業をしてくれる貴重なパン屋さんです。

ユニークなネーミングが第一印象ですが、パンも絶品なのでお仕事帰りにぜひ立ち寄ってみてくださいね。

夜のしげぱん
  • 住所:札幌市中央区南5条西6丁目 第5桂和ビル1F
  • 営業時間:16:00~4:00
  • 定休日:日曜日
しげぱん
  • 住所:札幌市中央区南4条西13丁目1-11エステイツ南4条1F
  • 電話番号:011-300-6789
  • 営業時間:9:00~20:00
  • 定休日:水曜日
  • 公式サイト:しげぱん
タイトルとURLをコピーしました