\ランチから名物まで北海道人気グルメ特集/

【北海道神宮へのアクセス】車・地下鉄・JR・バスでの行き方まとめ

北海道神宮アクセスと行き方札幌

「北海道神宮へはどうやって行ったらいい?」

「正月初詣は何で行くのがベスト?」

地下鉄が少し遠めな北海道神宮なので、交通アクセスに少し迷ってしまうんですよね。

特に、正月初詣時には駐車場も大混雑するので、車で行く以外の選択肢もおすすめです。

車・地下鉄・JR・バスでのアクセスと、冬場に嬉しいタクシー利用料金も合わせて解説していくので、北海道神宮へのベストな行き方にご参考ください。

スポンサーリンク

北海道神宮へのアクセスと行き方

北海道神宮は、「札幌市中央区宮ヶ丘474」という住所的には中央区ですが、西区的な場所と考えておくのもいいでしょう。

最寄り駅や施設としては、

  • 地下鉄・円山公園駅
  • 円山公園
  • 円山動物園

このように、円山を目指すとわかりやすいです。

北海道神宮の入り口は複数ありますが、

  • 北一条通りの第二鳥居から
  • 南一条通りの第三鳥居から
  • 円山公園内から

このようなアクセスで、車の場合は、北一条通り沿いの西駐車場が一般的ですね。

スポンサーリンク

北海道神宮へ車でアクセス

北海道神宮へ車でアクセスするには、北一条宮の沢通りが最も簡単です。

北一条通りからでも見える第二鳥居が目印ですね。(第一鳥居は北1西25丁目にあります)

北海道神宮第2鳥居

このまま北一条通りを西に進むと、駐車場の案内板が見えてきます。

北海道神宮参拝者駐車場

北一条通り沿いは第1駐車場で、台数170台ですが、正月初詣には非常に混雑します。

南一条通り(裏参道)側に70台の第2駐車場があるので、第1駐車場が混雑している場合は選択肢としてみてください。意外に穴場です。

駐車料金と営業時間もまとめてみました。

駐車台数駐車料金北海道神宮神門の開閉時間
西駐車場
(北一条駐車場)
170台参拝:1時間無料(以降1時間500円)
祈祷:2時間無料(以降1時間500円)
正月:1時間500円
元旦:0:00~19:00
1/2~3:6:00~18:00
1/4~7:6:00~16:00
1/8~2/末:7:00~16:00
3/1~3/31:7:00~17:00
4/1~10/31:6:00~17:00
11/1~12/31:7:00~16:00
東駐車場
(南一条駐車場)
70台

(駐車場詳細は公式サイト北海道神宮アクセスと神門開閉時間をご参考ください)

北海道神宮への車の行き方は簡単ですが、混雑状況と駐車時間が変わるので注意してくださいね。

スポンサーリンク

北海道神宮へ地下鉄でアクセス

北海道神宮への地下鉄アクセスは、東西線・円山公園駅3番出口から徒歩15分の目安です。

行き方としては、西側(円山公園側)へ向かい、

  • 北一条通り沿いを歩く
  • 円山公園内を歩く

この2パターンが最短距離です。

タクシー料金は後述でまとめますが、円山公園駅から北海道神宮までは約670円(1.3km)となっています。

冬以外は気持ちのいい散策コースでもありますが、1km以上の距離なのでタクシー利用も選択肢としてみてください。

地下鉄・円山公園駅の始発と終電は6:00~24:00の目安となっています。
詳しくはこちら⇒円山公園駅時刻表
スポンサーリンク

北海道神宮へJRでアクセス

JR電車

北海道神宮へJRで行くのはあまりおすすめできません。

最寄り駅としては桑園駅ですが、4km近い距離があるんです。

ただ、桑園駅からのタクシー料金目安は1470円なので、JR+タクシーという行き方もアリかもしれませんね。

JR札幌駅から北海道神宮へ行く場合

札幌駅

JR札幌駅から北海道神宮へ行く場合は、

  • 地下鉄南北線で大通駅へ
  • 大通駅で東西線に乗り換えて円山公園駅へ

というアクセスがおすすめです。

(ちなみに、札幌駅から北海道神宮へのタクシー料金目安は1710円です)

スポンサーリンク

北海道神宮へバスでアクセス

北海道神宮へバスで行く選択肢もありますが、

  • 札幌中心部からはバス乗り継ぎが必要
  • 円山エリアや西区エリアからならおすすめ

こういった利便性になります。

乗り継ぎが必要だとちょっと面倒なんですよね。

北海道神宮の最寄りバス停

最寄りバス停としては、JR北海道バスの「神宮前」です。

「神宮前」を通る路線としては、

このようになっていて、運行が約7時から22時台までというのが使いやすい点です。

リンク先はバス路線図と時刻表なので、合わせてチェックしてみてくださいね。

JR北海道バス札幌市内路線バス

中央バスのさっぽろ散策バスで「北海道神宮」下車も選択肢ですが、10時台から17時台までの運行なので、使い方が限られるのがマイナス点です。
さっぽろ散策バス時刻表

北海道神宮へタクシーでアクセス

タクシー乗り場

北海道神宮は、車以外は徒歩距離があるということで、タクシーでのアクセスもおすすめです。

選択肢となりそうな主要駅からのタクシー料金や距離目安をまとめてみました。

  • 札幌駅から:約1,710円(4.5km/15分)
  • 大通駅から:約1,550円(4.1km/13分)
  • すすきの駅から:約1,710円(4.5km/14分)
  • 円山公園駅から:約670円(1.3km/4分)
  • 新札幌駅から:約5,070円(16.2km/46分)
  • 桑園駅から:約1,470円(3.7km/12分)
  • 札幌ドームから:約3,710円(10.9km/32分)

札幌中心部からは、4~5kmで1700円程度の目安ですね。

ただ、円山公園駅から北海道神宮までの目安が670円なので、地下鉄+タクシーの乗り換えがおすすめです。

また、JR桑園駅からタクシーというのも選択肢のひとつかもしれませんね。

タクシーを使うと料金は高くなりますが、

  • 歩かなくてもいい
  • 混雑時でも駐車場待ちが無い
  • 道や行き方を知らなくてもいい

このようにメリットは最大級です。

特に、正月初詣時の駐車場は、大混雑で1~2時間待ちもあり得るので、地下鉄+タクシーというアクセス方法もおすすめです。

北海道神宮の混雑時ほど選択肢としてみてください。

スポンサーリンク

北海道神宮へのアクセスと行き方まとめ

北海道神宮への行き方は、交通機関によっても異なりますが、

  • 車で行くなら北一条通りから西駐車場へ
  • 西駐車場が混雑しているなら南一条通りの東駐車場へ
  • 地下鉄・円山公園駅からは徒歩15分
  • 冬場はタクシー併用もおすすめ
  • バスとJRは優先度低め

このようなアクセスとなっています。

正月初詣時の駐車場は、1~2時間待ちとなるほど混雑もするので、地下鉄やタクシーの利用も選択肢としてみてくださいね。

あわせて読みたい

また、北海道神宮内にある六花亭神宮茶屋店での「判官さま」という焼き餅も名物で、ぜひ食べていただきたい逸品です。

お正月には1人1個の無料配布もあるので、北海道神宮に行かれた際にはこちらもぜひ。

タイトルとURLをコピーしました