\ランチから名物まで北海道人気グルメ特集/

支笏湖氷濤まつり滞在時間は1~2時間を目安に防寒メインの服装で

支笏湖氷濤まつりの滞在時間と服装イベント

支笏湖ブルーに輝く「氷濤まつり」

初めて行く方にとって、

  • どのくらいのお祭りの規模なのか
  • 滞在時間はどのくらいなのか
  • どんな服装をしていけばいいのか

この辺りが疑問となってくるんですよね。

ざっくり回答としては、

  • 氷濤まつりの規模:祭り会場は大きめの公園レベル
  • 氷濤まつりの滞在時間:1~2時間
  • 氷濤まつりの服装:防寒防水がおすすめ

このようになります。

滞在時間は楽しむアトラクションにもよるんですけどね。

では、それぞれの疑問をもう少し詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

氷濤まつりの滞在時間は1~2時間

氷濤まつりの会場は、支笏湖全体ではなく、支笏湖温泉周辺で行われます。

同じ北海道の「さっぽろ雪まつり」と比べると規模は小さめです。

なので、氷濤まつり会場全体を見てもそこまで時間はかかりません。

ただ、多数のアトラクションが用意されているので、それぞれを楽しもうとすると2時間ほどかかると考えてください。

ポイントだけをさっと楽しむなら1時間の滞在時間も可能です。

氷濤まつりは9:00~22:00の開催時間ですが、ライトアップは16:30からとなっています。昼夜両面を楽しむなら、16時頃からの日没時間を狙うのもいいでしょう。

氷濤まつりでは花火大会も開催

花火大会

氷濤まつりでは、週末に花火大会も開催されます。

18:30~18:50ほどの間に打ち上げ花火が上がるので、この時間帯を狙うのが最もおすすめです。

しかし、その時間帯は駐車場付近で渋滞も発生しやすいので、時間配分にも注意してくださいね。

氷濤まつりのアクセス時間

滞在時間も重要ですが、氷濤まつり会場までの移動時間もチェックしておきましょう。

  • 車:新千歳空港から約40分。札幌から約1時間半
  • バス:新千歳空港から約55分。札幌から約1時間50分

このような目安時間を見ておいてください。

氷濤まつり期間は冬道なので、移動時間も不安定と考えておいた方がいいでしょう。

氷濤まつりへのアクセスはこちらでまとめているので、合わせてご参考ください。

スポンサーリンク

氷濤まつりの服装は防寒をメインに

雪と子供

氷濤まつりは、支笏湖沿岸ということもあって非常に寒いです。

北海道でも厳寒期の1月下旬~2月中旬(2019年は1月25日~2月17日)の開催とあって、気温はマイナス10度にもなると考えてください。

服装は防寒メインがおすすめです。

  • ダウンジャケット
  • ニット帽
  • 耳当て
  • 手袋
  • マフラーやネックウォーマー
  • 温かいインナー
  • スノーブーツ

等々、いくら防寒しても足りないことはありません。

あとは、氷のすべり台等のアトラクションも楽しむなら、防水性も考慮しておきましょう。

お子様だとスキーウエアなんかがいいかもしれませんね。

滞在時間が長いほど寒さもきつくなってくるので、防寒メインの服装で氷濤まつりを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました