\近所のアルバイト探しはタウンワーク/

雪かきのカロリー消費量をスポーツと比較!汗をかくほどの有酸素運動

雪かき

雪国の冬限定ダイエットと言ってもいい「雪かき」

1時間300kcal消費ともなるダイエットレベルの重労働なんです。

カロリー消費量は、時間と体重負荷によっても変わってきますが、

  • ジョギング
  • 卓球
  • ダンス

この辺りの運動やスポーツに引けを取らないレベルです。

軽く息も弾んできますし、有酸素運動としての心地よい疲労も味わえることでしょう。

ということはですよ?

考え方次第で、雪かきを健康のための運動とすることもできます。

カロリー消費量や計算方法を解説していきますので、雪かき後のごはんをおいしく食べちゃいましょう。

スポンサーリンク

雪かきのカロリー消費

雪かき

まずは、雪かきを1時間した時のカロリー消費目安を一覧表としてみました。

雪かきのカロリー消費目安(1時間)
体重屋根の雪下ろし標準的なスコップでの雪かききつめの雪かき
40kg160kcal240kcal280kcal
50kg200kcal300kcal350kcal
60kg240kcal360kcal420kcal
70kg280kcal420kcal490kcal

(きつめの雪かきは、スコップでの雪かき+雪山に放り投げるような運動を想定)

どうでしょうか。

これ、なかなかの数字だと思うんですよね。

スポーツや有酸素運動と比べると

  • 屋根の雪下ろし:ウォーキング、自転車、卓球
  • スコップでの雪かき:ゆったり水泳、ジャズダンス、ウエイトトレーニング
  • きつめの雪かき:ジョギング、テニス、スキー

このようなカロリー目安となります。

運動だと考えると、1時間も雪かきをすれば汗だくになっちゃうはずですよね。

カロリー消費の計算方法

カロリー消費の計算方法も見てみましょう。

カロリー消費は、運動強度・運動時間・体重によって算出します。

計算式だと、

運動の消費カロリー(kcal)=運動強度(メッツ)×運動時間(時間)×体重(kg)

このようになっていて、各運動のメッツは国立健康・栄養研究所メッツ表に目安が記載されています。

スポンサーリンク

雪かきのカロリー消費計算

カロリー

雪かきのカロリー消費の具体的な計算方法も見てみましょう。

雪かきの運動強度(メッツ)は以下のような目安です。

  • 軽めの雪かき(屋根の雪下ろし):4メッツ
  • 標準的な雪かき(スコップでの雪かき):6メッツ
  • きつめの雪かき(雪を放り投げるような雪かき):7メッツ

これに時間と体重をかけてあげればいいわけですね。

例えば、体重60kgの人が、スコップで1時間雪かきをするなら

6(メッツ)×1(時間)×60(kg)=360kcal

というわけです。

70kgの人が30分のスコップ雪かきなら、

6(メッツ)×0.5(時間)×70(kg)=210kcal

になります。

意外にシンプルなカロリー計算方法なので、あなたの体重や雪かき時間で計算してみてくださいね。

雪かき前は軽い準備運動を

準備運動

雪かきがスポーツや有酸素運動並みということは、準備運動も必要です。

雪かきは、冬場のマイナス気温での作業となりますし、体が温まるまではかなり寒いです。

逆に、10分もすると汗が出てくるほどなんですけどね。

  • 急な気温変化
  • 急な運動

が体に良くないことは当然なので、室内で軽い準備運動をしてから雪かきをするのがおすすめです。

雪かきのカロリー消費まとめ

雪かきのカロリー消費量でした。

  • 1時間の標準的な雪かきで約300kcal消費
  • スポーツや有酸素運動とも同等のカロリー消費量

「面倒だなあ」よりも「カロリー消費してる」と考えて雪かきをするとモチベーションアップとなるかもしれませんね。

楽しさやモチベーションは疲れを吹き飛ばしますし、雪かきを運動と掃除の一石二鳥と考えてみるのもおすすめです。

あわせて読みたい
タイトルとURLをコピーしました