\近所のアルバイト探しはタウンワーク/

札幌例年の積雪はいつから?11月上旬から積雪が始まり12月には根雪に

札幌例年の積雪はいつから?

北海道の冬と言えば雪。

都市部の札幌といえど1メートルの積雪量ともなります。

そして、雪が積もると生活も一変してしまうんですよね。

例年の積雪がいつからかを把握して、余裕を持って冬を迎えましょう。

特に、冬タイヤ交換や交通機関の遅れには要注意ですよ。

スポンサーリンク

札幌例年の積雪はいつから?

札幌例年の積雪は、11/8という平均値です。

ちなみに、

  • 初雪は10/28
  • 根雪(長期積雪)は12/4

となっています。

初雪はすぐに融けるのであまり気にしなくてもいいんですけどね。

積雪する可能性のある11月上旬からは、車の運転には気を付けるべきです。

特に夜間や峠は

  • 冬タイヤ
  • 用心した安全運転

が必要と考えてください。

スポンサーリンク

札幌市内区ごとの積雪は山側から

初冠雪

札幌市内でも区ごとによって積雪始まりは異なります。

基本的には、山側ほど積雪も早くて多い傾向です。

藻岩山や手稲山が冠雪すると、付近の降雪も近いです。

南区(定山渓)や西区(平和)は積雪も早く、雪も非常に多いと考えた方がいいでしょう。

逆に、白石区や厚別区は雪が少ない傾向なので、札幌でも比較的過ごしやすい冬となります。

区ごとの積雪量に関してはこちらで月ごとの比較もしているので、合わせてご参考ください。

冬タイヤの交換は10月下旬がおすすめ

タイヤ交換

積雪で気になるのは、

「冬タイヤにいつ交換したらいいか?」

という点も大きいですよね。

札幌の冬タイヤ交換としては10月下旬がおすすめで、

  • 早めの積雪でも安心
  • 早期タイヤ交換割引あり
  • 新品も中古も冬タイヤのゴムは慣らし運転が推奨

という理由からです。

2018年のように、記録的に初雪の遅い年もあるんですけどね。

2012年のように、初雪が遅いとそのまま根雪となる反動もあるので、11月上旬~中旬には冬タイヤ交換を済ませておきたいところです。

札幌の雪かきはいつから必要?

雪かき

「積雪=雪かき」

でもありますよね。

憂鬱ですが、北国の冬の試練です。

雪かきは、

  • 11月:ほぼ必要なし
  • 12月:大雪が降ると
  • 1月:かなりの頻度
  • 2月:ほぼ毎日
  • 3月:大雪が降ると
  • 4月:ほぼ必要なし

こういった傾向になるかと思います。

大雪が降ると臨時的に雪かきもしなければならないんですけどね。

1~2月が積雪のピークなので、

  • 玄関前
  • 駐車場
  • 車の出入り口

なんかは毎日のように雪かきが必要ともなるでしょう。

家庭用除雪機があると、腰も痛くなりませんし、しもやけにもなりにくくなるのでおすすめです。

札幌例年の積雪まとめ

札幌例年の積雪は、

  • 初雪:10/28
  • 積雪:11/8
  • 根雪:12/4

このような日付となっています。

年によっては半月ほどズレ込むこともありますが、ひとつの目安としてみてくださいね。

積雪が酷くなってくると、

  • 車が滑る
  • バスが遅れる
  • 渋滞しやすい

という交通面での厳しさから、

  • 寒い
  • 滑る
  • 靴が汚れる

といった足元のデメリットにも気を付けてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました